こんな症状の方が来院されています

1.健康とは


当院が考える「健康」とは「カラダとココロの状態が良くてバランスが取れていること」です。
[健康の原則] 健康になるには

1.睡眠

2.食事

3.運動

の3つが大切です。
個人差はありますが ①睡眠は6〜8時間 ②栄養バランスの取れた食事 ③適度な運動 が基本と考えます。

2.首・肩・背中のコリ


「コリ」は筋肉が本来の動きができず縮んでいる状態です。
「違和感や痛み」「だる重い」「シビレる」と訴える方もいます。
筋肉 首、肩、背中にかけての筋肉に代表的なものとして僧帽筋があります。
肩こりの多くの方はこの筋肉が関係しています。


この筋肉が症状をおこして他の筋肉や関節にまで影響を及ぼすのは想像できますよね。
姿勢
良くない姿勢として一番多いのは肩が前方にいき背中が丸まり、首が前に倒れてしまうことです。

これでは筋肉が正常な伸縮をせず、首、肩、背中の関節の動きが制限されてしまいます。
肩こりは筋肉だけでなく関節や姿勢にまで関係します。
当院では関節の動きを良くし、姿勢を調整をすることで筋肉が緩んで身体の元々の働きを取り戻す治療をします。

3.ストレス

当院はストレスは4つの種類があると考えています。
①カラダの構造のストレス
背骨や骨盤の歪み
姿勢の歪みなど


歪みからくる痛みなどは脳が信号としてとらえストレスとなります。

②ココロのストレス
広く一般に言われるものが、このストレスです。
あなたが嫌と思うことや人間関係などもココロのストレスです。

③化学的なストレス

栄養の過剰な摂取や不足。薬や食品添加物。 大気汚染、タバコ、排気ガスなど

④温度・湿度のストレス
温度や湿度が高い、低いもストレスです。

雨降りの時に頭痛がしたり、冷たい空気を吸って咳こむこともストレス反応の一種です。
 
精神的ストレスのみがストレスではなく、
①カラダ構造のストレス
②精神的なストレス
③化学的なストレス
④温度、湿度のストレス
 
①〜④全てがカラダやココロにとってストレスです。
 
当院ではストレスを①〜④の総合的に考えカラダの構造を整えつつストレスを減らす方法をお伝えします。


ストレスを減らすことが出来て徐々にココロとカラダがストレスに耐えることが出来るようになられたら、自律神経を更に強くし高める方法もお伝えします。
とはいえ完全にストレスを失くすことは出来ませんので、どんな方でもまずはケガと一緒でカラダとココロを休めることがあなたが目標へ進むための第一歩です。

コメントは受け付けていません。