私が開院した理由

「心と体の両面からサポートできる治療家になりたい。」

そう思ったきっかけは、スポーツを通してでした。学生時代にやっていたスポーツの部活動で怪我が多く「練習が思うようにできない。試合に出れない。悔しい。早く治したい。」と伺った近所の接骨院が最初でした。

詳しい説明、的確な治療、励ましの言葉すべてが私の支えとなり「焦らなくてもええんや。」「頑張ろう」と奮起できました。

それから私は、家族や仲間に助けられ、そして多くの患者さまに支えられて、今こうして瓜破の地で施術をすることができています。

たくさんのスポーツに親しむ

小学2年生から剣道を始め、体を使い体を動かすことが好きだった私は、水泳・テニス・スキー・ソフトボールなど、色々やりました。気が弱く、体が弱かった私に、たくさんの人とコミュニケーションすること、体力をつけることを目的に、両親が考えて、スポーツを通した様々な経験をさせてくれました。感謝しています。

この頃に体を動かすこと、スポーツをすることの楽しさを知りました。

スポーツトレーナーへの憧れ

高校では軟式テニス部に所属。懸命に練習しましたが、一度も試合には勝てませんでした。先輩や同期のマッサージもやってました。学級委員長もやりました。

大学時代には体育会アメリカンフットボール部に所属。副キャプテンをやらして頂き、二部昇格の為アメフト漬けの毎日。目標は達成できませんでしたが、様々な事を学んだ4年間でした。

高校でも多かった怪我をよくしていました。
足首、手首、指、膝、首、腰。激しい競技なので仕方がない部分もありましたが、予防や早期復帰を考えて、医学書を買ったり、先輩や接骨院やスポーツ整形の先生に対処法を教えていただきました。この頃から人体について興味をもちました。

当時の監督のお知り合いにスポーツトレーナーがいらっしゃり、お話をするうちに憧れをもちました。

大学卒業後はそのままチームに残らして頂き、コーチ兼トレーナーをしました。

チームに来たトレーナーさんのアドバイスをいただきながら、平日は接骨院に勤務し、土日祝は練習、試合、合宿に参加してテーピングや怪我の処置やケアをしました。

トレーナー活動をしながら、専門学校で鍼灸と柔道整復を学び、国家資格を取得した6年間で、スポーツトレーナーの日本での現状を考え、後輩やスポーツに関わる人はもちろん、様々な方を自分の院でケアしてサポートすることを選びました。

改めて勉強し意識したこと

26歳から数年は毎年、「ギックリ腰」になりました。元々「腰痛」も強くあり、この時から自分の体にも意識が向きました。

改めて筋肉や関節、神経などのことや生活習慣の大切さを痛感し独自にも治療の勉強を始めました。

人を診たい!

開院した当初は「症状」だけを考え、勉強し、患者さまを診ていました。

未熟で、「症状を治す」ことだけにしか目が向いていなかった私は、周囲の意見もなんのその「症状がなくなれば大丈夫。自分は正しい!」と勝手に思い込み、自分の思いや考えを患者さんにぶつけることしかできませんでした。

けれど、症状は良くなっても、また辛い顔をして来院される方ばかり。

そんな方々のお話を伺っていき、自分の事をふと見つめ直した時、「何かが違う。」と気づきがありました。

患者さんはもちろん家族、治療家の先輩、同期、色々な人に意見を聞いていく中で「症状」だけを診て、患者さんお一人お一人のお話しを伺わず、自己中心の施術になっていることにやっと気づくことができました。

様々な経験や活動をされている先輩や、治療家の方々のお話を聞くうち、施術以外の日常生活での知識や経験も、患者さんのお話しを伺う上で、とても大切と感じ行動していきました。今もこの考えは、私の治療家としての重要なものの一つです。

ご来院頂き、施術やカウンセリングを通してのコミュケーションや、人々との繋がりも大切にし、自分を高めることで、自分も、患者さんお一人お一人にも、健康で理想的な生活を送って頂けるようになっていくと考え、日々を過ごしております。

変わらぬ思いで

お陰さまで現在は患者さまの笑顔をたくさん見ることができています。

長文をお読みいただき、本当にありがとうございます。

これからも自分が成長を重ねて、より良く患者様のお役に立ちたい、そう考えて日々の施術にあたっております。

お会いできる事を楽しみにしております。

西村鍼灸接骨院(整体・鍼灸・柔道整復)

西村清司

コメントは受け付けていません。