便秘でお悩みのあなたへ

「いつもお腹が張っている感じがする」

「残便感がある」

「3日以上排便がない」

「トイレに行っても出そうででない」

「便秘薬や浣腸を使わないと出ない」

「便秘と下痢を繰り返してしまう」

慢性的に便通が悪く、お腹に痛みや不快感が続く状態を便秘といいます。

生活環境が変わったりすることで、一時的に便通が悪くなることは誰にでも起こります。

ですが、慢性的な便秘は体調不良だけでなく、精神状態も悪くしてしまいます。

あなたも、お腹が痛くて、下腹部の辺りがスッキリせず、トイレに行くのが辛くて、気持ちが憂うつになっておられるかもしれません。

便秘についてよく考えられている事

食生活がわるい?
運動不足?
生活習慣に問題がある?
性別?
年齢?

便秘について様々なことが言われています。

ですが、食生活に気をつけていなくても、便秘にならない方もいます。

逆に、食生活に気をつけていても、便秘の方もいます。

運動をしていなくても、生活習慣に気をつけていなくても、年齢が高くても、便秘にならない方もいらっしゃいます。

なぜなのでしょうか。

便秘について当院が考えていること

便通がなくなり、血便や強い腹痛がある場合は、内臓の病気が考えられます。

そんな場合は、まず病院の検査を受け、原因を探ることが大切です。

ですが、便秘は、病院でははっきりした原因が見つからなかったり、お薬を渡され、終わることが多いようです。

「病院に行っても変わらない」
「薬を飲み続けるのはイヤ」

そんな場合は、当院にご相談ください。

当院では、慢性的な便秘の原因は、次の3つだと考えています。

1.身体の歪み
2.自律神経の乱れ
3.ストレス

体の歪み

体の歪みは神経や血管の流れを妨げます。
内臓の運動も落ちて、平滑筋という筋肉で活動する腸の働きが下がります。

自律神経の乱れ

自律神経は全身に張り巡らされ、動く神経(交感神経)と休む(副交感神経)の2つがあります。自律自律は私達が意識せずとも体を調整してくれています。

2つの自律神経は、シーソーの関係で、一方が働くともう一方は休む、というように自然にバランスを取るようにできています。

口から入り胃で消化された栄養素や水分は腸で吸収されます。最後に不要なものが便として肛門から排泄されます。

自律神経の乱れの多くのパターンは、体が動く神経から、休む神経へと上手くシフトチェンジが出来なっている状態です。

動く神経が興奮したまま日常を送ってしまうと、腸の蠕動運動(腸の筋肉運動)が落ちて、便が腸から動かなくなります。

やっと肛門までたどり着いても、肛門の筋肉の働きが鈍くなっていますので、排泄がされることなく留まってしまいます。

ストレス

「緊張したり、ストレスがかかると腹痛があったり、便秘になってしまう。」あなたも、そんなご経験があるかもしれません。

ストレスがあると、自律神経や血管の働きが悪くなり、胃腸の動きが低下します。そんな状態がずっと続くと、慢性的な痛みや便秘に悩まされることになります。

つまり、過剰なストレスが自律神経のバランスを崩して、胃腸の働きを鈍らせて、それが便秘の原因となることがあります。

下痢や便秘を繰り返す場合は、ストレスにより胃腸の働きが悪くなっている可能性が高いです。

便秘について当院が考えていること

便秘を治そうと色々と試したけれど、改善しない。薬や改善方法をやめると元通りになってしまう。

「ずっとこの便秘は良くならないのか・・・」
「一生付き合っていくしかないのか・・・」

と半ばあきらめて、辛いお気持ちになられていませんか。

上記の原因を、取り除いていくことで便秘は改善されていきます。

「トイレにいくのが苦痛でなくなりました」
「下剤のお世話にならなくなりました」

そのような状態になっていただけるよう施術していきます。

体の歪みの調整

 

腸の状態を良くするには、腸の周辺の骨盤だけでなく、頭から背骨、骨盤から全身に巡る神経や血管の流れを良くすることが大切です。

自律神経の調整


自律神経が興奮したままだったり、休んだままでも便秘や下痢を繰り返してしまいます。

自律神経が調整されバランスが取れると、胃や小腸や大腸の働きが整い、負担を感じていた体も、しっかりと動くようになり、日頃からあった疲労も減っていきます。

ストレス

ストレスは「万病の元」ともいわれ、血管や神経の働きを悪くし、体の不調を起こしてしまいます。

必要に応じて、あなたのストレスとは「どういうもの」なのか、「どうしていくのか」を一緒に考え、対処法を見つけていきます。

コメントは受け付けていません。