オスグッド症(自費施術の場合)

「膝の下あたりが腫れて痛い」

「膝が曲げ伸ばししづらい」

「ダッシュやターン時に痛い」

「スクワットが痛くてできない」

「片足に体重をかけると膝下が痛い」

私は、こんな子供さんのお悩みをたくさん聞いてきました。

「試合にでたいのに・・・」「練習もできない・・・」「どうしたらいいんかな・・・」

こんな風に悩んでいるお子さんを見るのは本当に辛いですね。

オスグッド症は成長痛ではない!?

オスグッドの原因でよく言われるのが「成長痛」です。

子供さんが成長とともに症状を感じるようになったり

膝の下、関節の端に痛みや腫れをみるのでそう感じてしまいますよね。

「オスグッド症」の痛みは主に膝の下部で膝蓋腱(しつがいけん)の端下(赤矢印のところ)に感じます。太ももの筋肉は膝蓋(ひざのお皿)・膝蓋腱とつながり、脛骨粗面といわれる赤矢印↑の部分につきます。                                                                                                                 大腿四頭筋(太ももの筋肉)に負荷がかかると脛骨粗面が引っ張られます。痛みや炎症が起きやすい場所です。ゆえに放置して、負担が長期間に渡ると、炎症がすすみ、軟骨がはがれることがあります。 

成長期は筋肉に比べ骨の成長は早くなることから、筋肉への負荷はかかりやすくなります。

さらにスポーツで膝の屈伸動作をよくする、ダッシュやターンを繰り返す、ジャンプ動作や着地が多いと膝への負担は大きくなります。

成長痛+使いすぎ(オーバーユース)がオスグッド症の本当の原因といえるかもしません。

休むことも必要。

「オーバーユースで使いすぎた場所をかばって他の場所が痛くなる。」「心身ともに追いこんでしまいオーバーワークで疲れが抜けなくなってしまった。」

こんな時「ここまで頑張ってきた。」「自分を見直すチャンス。」と前向きに休んでください。ケガするほど自分に厳しくしてきたんですから。

いつも客観的に見守ってきた親御さんは、お子さんのケガの状態が「まだ大丈夫かな」と思うぐらいで来院されるのが丁度良いです。

親子で是非ゆっくり時間を作って話合ってあげてください。お子さんは一生に渡ってスポーツや競技を楽しみたいのかもしれません。

「冷やす」ことと「下半身を休ませる」こと

炎症で「腫れと痛み」がある場合はまず冷やすことが大切です。下半身の筋力トレーニングは「反対の足」か「足首」のみにしてください。

痛みがある場合は練習やランニングはお休みしましょう。腫れが治まれば冷やすことは一旦休みです。

状態に合わせてストレッチ等を行うと良いでしょう。オスグッド症は身長が伸びて痛む場合もあります。しっかりとした経過観察が大切です。

オスグッド症への当院の施術

 

①筋肉調整

オスグッドに一番かかわる大腿四頭筋から行います。スポーツや競技で頑張ってきた場合、特にまずは下半身中心の調整です。

筋力バランスを整えます。

②ゆがみ調整

日常やスポーツ動作や痛みで出来たゆがみを調整します。まずは痛い側の足首や股関節、骨盤からです。

姿勢バランスを整えます。

③自律神経調整

痛みで興奮したり、疲れでバランスの崩れた自律神経を整えます。自然治癒力を再発動させ、血液・神経の流れをよくし、全身のあらゆる所へ「血流と神経信号」が再びいきわたるようにします。

①~③を同時に行うことでより回復力がアップします。

痛みや腫れの状態により「テーピング」や「サポーター」も有効なことがあります。

個人差がありますが、一定の効果がみられるので早期回復の手助けになるでしょう。

再発を防ぎよりパフォーマンスをアップさせるために

子供さんに多いのが、「関節の柔軟性低下」です。

初回~3回目に全身の関節チェック・筋肉チェックを行います。


「なぜその関節や筋肉が硬くなったのか。」

「なぜ筋力バランスがくずれたのか。」を探ります。

「どうすれば体への負担が少なく、最大限の力が発揮できるか。」

は姿勢や体の使い方に深く関わってきます。


体を良い状態に戻すことは「今までの良くないクセを抜いていく」とも言えます。

その子に合った体の使い方をしていくと、68個もある全身の関節の1つだけに負担がかかることありません。

じっくり自分と向き合いましょう。

 

経過が良い場合は、ストレッチ・動作確認・トレーニングを行います。

「あの時、しっかり休んで取り組んでよかった。」「パフォーマンスが上がった。」と言ってもらえるよう、全力で施術いたします。お待ちしております。

コメントは受け付けていません。