症例紹介:お腹の張りと食欲不振。

 

20代男性 大学院生の方。

[ご来院までの経緯(初回のご来院、12月)]

胃の軽い不快感とお腹が張る感じがしつつ、過ごしていた。

12月に入り、友人や親せきと飲食をする機会が増えて、暴飲暴食になった。

自宅での飲食の量が減り、外食時にも食べれはしたが、すぐに満腹になるような感覚になり胃の不快感も増した。

肩や背中のコリまで感じるようになった。

 

[施術方針]

年末年始の予定をすべてこなしたい。食事もイベント出席も全てしたい、とのことでした。

過去にこのような状態は経験がなく、胃の痛み・胸やけなどはなく、全身状態も大きく悪いところもありませんでした。

 

[施術内容]

ここ数ヶ月、机に向かう時間が増え、昼夜逆転の生活パターンをされ、夜中の飲食が増えたとのことでした。

「座りっぱなし」での体の状態はどうなるか、「睡眠時間」と「就寝・起床時間」の関係、「食事時間」と体の関係について特にお伝えしました。

 

[施術経過と考察]

腹膜の強い緊張が見られましたので、お腹への施術が先決と考え、お腹の状態を整えました。横隔膜の緊張により呼吸状態が良くないことが考えられましたので、横隔膜と肋骨の調整を行いました。

元々スポーツマンで、スポーツを再開しようとされていましたので、スポーツを始めていい体の状態とタイミング・季節についてお話しました。

昼夜逆転の生活は、自律神経がうまくバランスを取って働くことができずに、全身状態が落ちていく一方です。基本の生活リズムを取り戻していただくことと、長期間での生活計画をたてることをご提案しました。

この方の場合、呼吸機能が上手く働かず、筋肉への酸素が行き渡らないことで、全身のコリを引き起こしていました。呼吸器が働かずに起こる症状はたくさんあります。初期にはコリや痛みなどですみますが・・・

呼吸は1分間に約14回しています。1時間には840回、1日にはなんと2万回以上です。呼吸状態が、体にどれだけ影響を与えるか、お分かりいただけると思います。良い酸素が、全身に行き渡るためにも、呼吸を整えることもとても重要です。

2回の施術で、お腹も張りもとれて食欲も戻り、コリも和らいできた、とのことです。

現在も体のメンテナンスのために通院していただいています。

 

【お腹の張りと食欲不振の施術】平野区 喜連瓜破の西村鍼灸接骨院(鍼灸・整体)院長 西村 清司

●診療時間 9:00~20:00

●休診日  土曜日午後  日祝祭日

●大阪府大阪市平野区瓜破1-9-53

●TEL 06-6701-7733

「ホームページをみて・・・」とお電話ください。

症例紹介:頭痛と鼻づまり。

40代男性 自営業の方。

[ご来院までの経緯(初回のご来院、11月)]

 もともと、首や肩や腰にハリと痛みがあり、それに伴って頭痛と目の痛みまで頻繁に感じるようになってきた。

座っていることが多いので「仕方がない」と半ば諦めていた。最近では、鼻づまりあって、鼻水が止まりずらい。

月に数回、運動をしたときの体の痛みも、なかなか取れずらい。顎にまで痛みがあるときがある。

痛みが強くなりつつあった時に、ご友人に当院をすすめられた。とのことでした。

[施術方針]

 趣味も仕事も痛みなく出来るようになりたい。そして、どちらも休みたくないとのことでした。

お酒とお薬(内科・耳鼻科)を減らす方法も、一緒に考えました。

[施術内容]

 夜勤もされていますので、体のサイクルが内臓に影響をどう与えるかお伝えし、お食事内容・お酒の量と回数についても、一緒に考えました。西村式整体・けいらく療法で内臓を整え、リンパ液や血液・神経の流れを整えつつ、ヘッド整体で頭蓋の状態も良くし、代謝を促しました。

[施術経過と考察]

 鼻水・鼻づまりにより、呼吸の状態が良くなく、頭痛の一因になっていましたので、頭部の状態を整えることが先決でした。

運動もいきなり始めておられたので、準備体操と直後のセルフケアと施術を並行して受けていただき、お体の痛みは、ご本人なりにコントロールできるようになられました。

深夜のお仕事では、体の回復を早めることが大切ですので、特にたんぱく質の摂取や、お酒の種類についても、なるべく選んで飲んでいただくようお伝えしました。

深夜帯に起きていると、臓器が休まる時間がなく、更にお酒を飲むと血液の状態も悪くなり、体の体液の代謝がうまくいかないことが、この方の症状を強くしていました。現在は、頭痛は治まり、鼻の通りが良くなったとのことです。

日常のケア方法の一つとして、施術を受ける事を取り入れていただき、継続して通院いただいています。

「リンパ液」の流れが滞ることによる症状は、頭痛・鼻づまり以外にもたくさんあります。コロナ禍で運動量が減り、水分代謝が落ちることによる症状が増えています。入浴や自分に合った運動や運動量で改善することもあります。

リンパ液は、「ホルモンバランス」や「免疫」とも関りが深いです。日常から意識してこの情勢を乗り切りましょう。

 

【頭痛、鼻水・鼻づまりの施術】西村鍼灸接骨院(鍼灸・整体)院長 西村 清司

●診療時間 9:00~20:00

●休診日  土曜日午後  日祝祭日

●大阪府大阪市平野区瓜破1-9-53

●TEL 06-6701-7733

「ホームページをみて・・・」とお電話ください。

 

 

症例紹介:吐き気と肩こり。

 

60代 女性 家事手伝いの方。

[ご来院までの経緯]

強い肩こりが主訴で来院をされていた女性。お疲れになると全身が痛くなり、筋肉が凝っているのか、痛いのかよく分からなくなる。

趣味でダンスや舞踊をされ(週2~3回 2時間くらい)、お仕事も肉体労働が大半なので夜になると筋肉の状態は良くなく、疲れやストレスが溜まると症状が強くなる。

肩こりが強くなると吐き気も出るとのことでした。

[施術方針]

「趣味を休むのがイヤ。」ということでしたので、時間や回数を少し減らすことから初めました。

栄養にも偏りがみられたので、不足している食品に代わるものをご紹介しお食事の中に取り入れられました。

ストレスについても一緒に考えました。

[施術内容]

交感神経が優位で興奮しやすく、副交感神経が働いていないことが考えられましたので、自律神経の調整と内臓の調整、歪みによる筋緊張もみられましたので骨格調整も行いました。

症状が強くでることがありましたので週に数回のご通院をご提案しました。

[施術経過と考察]

症状を感じていたのが長く感覚鈍麻を起こしていました。全身の緊張を緩め精神的なリラックスが必要な状態でした。

胃腸の働きを活性させ、体を整える施術を行うと、途中で吐き気を感じ、吐いてしまわれることも数回ありました。

胃腸の働きが落ちる時期(特に梅雨時)にも、体のことを考えて食欲がなくても、いつも同じ食事の量をとられていました。

ですので1日の食事の量だけでなく、食事回数を減らしたり、お腹がすいてから食べることもご提案しました。

生活環境や人間関係でのストレスもおありでしたので、一緒に考えてみました。

胃腸はストレスを感じやすい臓器です。

この方の場合は特に食事・過度な運動・環境によってストレスを感じておられたので見直していただきました。

施術を重ねるごとに徐々に吐き気は減り、趣味も楽しまれています。定期的な施術をご提案しご来院いただいています。

体の消化・吸収作用が下がると肩~首へのこりを起こすことがあります。整体・鍼灸で体を調整し、「治癒力」を引き出すことで人生を楽しみ、その方本来のあるべき姿になっていただけます。

【自律神経の施術】西村鍼灸接骨院(鍼灸・整体)院長 西村 清司

●診療時間 9:00~20:00

●休診日  土曜日午後  日祝祭日

●大阪府大阪市平野区瓜1-9-53

●TEL 06-6701-7733

「ホームページをみて・・・」とお電話ください。

症例紹介:ぎっくり腰。

30代 男性 一人暮らし デスクワークの方です。

[ご来院までの経緯]

 仕事中に腕を伸ばして遠くの書類を取ろうとしたとき、ぎくっと腰に強い痛みが走る。その後はズキズキと疼いて、歩くのもままならず来院されました。

地方から赴任してこられ、今まで腰痛はあったけれど、すぐに良くなったので特に今まで年1回の会社の健康診断でも異常はなかったので、体のことは特に気にしたことはなかった。

近頃は残業や休日出勤が多く疲れが溜まっていた。

[お体の状態]

 首から肩、背中、腰の筋肉の緊張が強く、触らせていただいた時どこが固いや痛いかがわかりにくい感覚鈍麻や違和感もありました。

動かすと痛みは強かったですが、施術で立っているときと寝ているときの痛みは和らいだので、早々に仕事を切り上げその日は退社されました。

腰の体操を夜寝る前、朝起きてから、仕事前と無理のない可動範囲からやっていただくようお伝えしました。

次の日 腰の疼くような痛みが残っているのと、長時間座っていられないようでした。仕事を午前中で退社し、来院されました。体は動かせるようにはなってきているが、重だるくてしんどいようでした。施術で少し症状は軽くなりました。

3回目以降からは徐々に体の動きが良くなってきたので、体操の種類を増やし、疼く痛みはなくなりました。

猫背で、首~肩~背中のこりや頭痛、疲れ目も酷く、体が重いことが軽減してきたころから姿勢の調整も施術と同時に行い、吊り上がり気味だった目が優しくなり、お顔の表情も柔らかくなり、長時間のデスクワークも楽になったそうです。

今回は長年に積み重なった疲労が抜けて、生活習慣を見直していただくことで、3か月もたたないころには姿勢も改善し、月に数回の通院を頂く程度に落ち着きました。今では趣味のゴルフも再開されています。

[考察] 

 疲れで自律神経が乱れて、全身の緊張が特に腰に現れた状態でした。

腰付近の背骨や骨盤の調整はもちろん、お腹(内臓)調整や頭部(頭蓋骨)の調整を行うことで自律神経のバランスが整い良い体の状態を保てている。

睡眠時間がまちまちなのと、食事内容を見直す生活習慣の改善と一緒に、姿勢維持に必要な筋力アップを図っていくことが大切。

【自律神経の施術】西村鍼灸接骨院(鍼灸・整体)院長 西村 清司

●診療時間 9:00~20:00

●休診日  土曜日午後  日祝祭日

●大阪府大阪市平野区瓜1-9-53

●TEL 06-6701-7733

「ホームページをみて・・・」とお電話ください。

症例紹介:肩こり、手や腕のしびれ

48歳女性 助産師の方。

[ご来院までの経緯]

日頃から体を酷使し、夜勤で忙しくて疲労が溜まりピークになられているようでした。

上半身全体の筋肉が固くなっており、右手から右腕にかけてのしびれが出てきて強くなっていました。お仕事柄手先を繊細に使わねばならず、困っておられました。

寝付けず朝まで起きてしまい、便秘もあり、内科も受診されていました。

[施術方針]

お薬を数種類、飲まれていたのでお薬・睡眠・栄養管理についてのお話。楽に体を使って頂けるよう、動作や姿勢について、日常生活についてもアドバイスし、ご実践いただきました。

[施術内容]

{初回}体をリラックスさせ、筋肉の緊張をとるために頭蓋骨を調整し自律神経を整える事を中心に行い、脳神経と血液の流れを促しました。

{2回目以降}背骨から骨盤を中心に指、手のひら、手首、腕、肘、上腕と順番に調整。

{4回目}しびれはなくなりました。ですが、冷え性とむくみが強く、それに付随してたくさんの症状がありました。お仕事がハードなのでお体の状態のチェックとメンテナンスの為に、定期通院をご提案しました。現在も継続通院していただいています。

「しびれ」というと、背骨の形が変形し椎間板や変形した背骨が、神経を圧迫してしまう「椎間板ヘルニア」や「脊椎分離症」などを想像することが多いのではないでしょうか。当院に来院される方にも、背骨の状態が悪くて受診される多くいらっしゃいます。

「しびれ」は栄養状態や体温調節、ホルモンバランスの乱れから起こるものもあります。

体液(血液やリンパ液など)の循環がうまくいかずに体に溜まってしまうことにより、神経や血管に負担をかけてしまい「しびれ」がおこります。

様々な原因で起こる「しびれ」ですが、整体・鍼灸で「治癒力」を引き出すことにより、その方の本来あるべき姿になっていただけます。

【自律神経の施術】西村鍼灸接骨院(鍼灸・整体)院長 西村 清司

●診療時間 9:00~20:00

●休診日  土曜日午後  日祝祭日

●大阪府大阪市平野区瓜1-9-53

●TEL 06-6701-7733

「ホームページをみて・・・」とお電話ください。