ネガティブ感情は悪くない。

「すぐに落ち込む。」「イライラしてしまう。」「自分を責めてしまう。」

先月は、感情についてのお話をたくさん聞かせていただきました。

今回は私なりの「感情」や心のバランスを調整する方法について書いてみました。

日常で私たちは「喜び」「怒り」「悲しい」「楽しい」などいろんな感情を感じます。

でも、そのまま表現してしまうと社会生活は成り立ちませんよね。

とくに日本人は

「合わせる」「協調する」ことを無意識にやります。

抑えること、我慢することが普通です。

ネガティブな感情を自分の中で、なんとかする。コントロールする。

こんな表現をよく聞いたり見たりします。

ネガティブでマイナスな状態を「良くない」「悪い」と思う。これは違います。

ポジティブとネガティブどちらも「感情」です。

自分が感じた感情なんです。

良いも悪いもありません。

否定したり、突き放したりせず

ネガティブ感情も感じたら

まずは「受け入れる」ことが大切です。

人生ではポジティブで「活動的に」「上向き」「前に」進むばかりでは

いつかエレルギーが切れて心身は不調をおこします。

「ゆっくりと」「立ち止まって」「振り返る」ことも必要です。

ポジティブとネガティブの両方あるから心身が保てます。

「怖くて」身を屈める。

「不安」なので計画をたてる。

「じっくり」周囲と相談する。

「恐怖」「不安」「怒り」の感情があるから自分や大切な人を守れます。

ポジティブとネガティブが両方あるニュートラルな状態でいましょう。

ネガティブ感情ばかりの時は心のバランスが崩れています。

〇深呼吸 

〇ストレッチ

〇運動

〇入浴 

はリフレッシュ効果を高めます。

「食事・睡眠・休養」をしてまずは体の疲れをとり、リラックスしましょう。

普段から

〇日記に書く

〇信頼できる人に話す

ことも良いでしょう。

とくに書き出すことは、今の自分の状態を知り次の行動を選択しやすくなります。

〇自然と触れ合う

ことはストレスを軽減し脳の創造性を高めてくれます。

映画やドラマや本を見ても人それぞれ感想が違うように

「感情」は人それぞれ感じ方が違います。

〇話すのが好きな人は相手が迷惑に感じない程度に話しましょう。

〇話を聞くのが好きな人は書き出しましょう。

〇どちらも好きな人は話す、書くどちらもしましょう。

「こんな時自分はどうなるか」自分のパターンを知りましょう。

ネガティブ感情が多くなってきたら、次にどんな行動をとるか考えましょう。

 

「こんなときはどうしたらよい?」「自分のパターンを知りたい」「とにかく話を聞いてほしい」などなど

いつも元気でいることを一緒に考えませんか。ご相談おまちしています。

【平野区 喜連瓜破の西村鍼灸接骨院(鍼灸院・整体院)】院長 西村 清司

「土用」の過ごし方でダイエット!?『春の土用』がきます。

夏の土用にうなぎは有名ですが、土用は年に4回あるのをご存じですか?

春、夏、秋、冬の季節の入れ替わりの時にあります。

4月16日から『春の土用』の期間に入ります。今回は『土用』と過去に体重が落ちたことも書いてみました。

<土用とは?>

夏の土用がよく取り上げられ、年1回と思いがちですが、『土用』は四季それぞれにあります。

「自然界」も「人」も土用には入れ替え作業をするという期間とされています。

この期間を大切に土いじりや新しいことをしないのがよいとの言い伝えもあります。

東洋医学では脾(膵臓)と胃を労い、大切にする時期とされています。

2024年は4月16日から5月4日ぐらいまでの18日間をさします。

<土用の身体の変化>

自然界のモノを5つに分ける五行説(木・火・土・金・水)で「万物は土から生まれる」となることから『土用』と呼ばれています。

土用は次の季節への「準備期間」で、カラダは「準備」にエネルギーを使うので、胃や膵臓の働きは落ち消化作用が減退しやすいときになります。

土用が終わる5月5日は「立夏」。

夏の始まりで春の土用は「春→夏」への準備期間です。

春の土用は「木々が燃え出すころ」と私は捉えて(笑)います。

<春の土用には何をすれば良い?>

私は土用の期間「いつもの調子が出づらい」と感じることがたまにあります。

この期間に症状がでるのは、心身に負担を掛けすぎているかもしれません。

食べ過ぎ飲み過ぎはせず、余計なことをしない(笑)のが良いでしょう。

土用期間に休んでもエネルギーはフル充電されにくく、「疲れやすい」と感じる方もいます。

疲れる前に休む、睡眠をたっぷりとることを優先しましょう。

<うまく活かせば痩せるかも!?>

食べることが大好きな私ですが「土用」期間を意識し、食習慣を見直すことで体重が自然と落ちました。

スポーツを楽しみたかったのでとても嬉しい結果でした。

何kgをどれくらいの期間で変わったかはご来院されて直接ご質問ください(笑)

「土用」の期間は食欲が落ちますので、無駄な飲食(笑 汗)を出来るだけ減らしました。

生活リズムは人それぞれありますので、最適な飲食の量・回数・タイミングはその人により変わります。

食はカラダを作ります。食材を選んで、食事内容に気を使うことは心身のコンディションをより良くします。

当院には健康になることを最優先して、結果元気になり、その上に体重が落ちた方もおられます。

一緒にあなたの食習慣から、ご自身の心と体について見直してみませんか。ご相談お待ちしております。

【平野区 喜連瓜破の西村鍼灸接骨院(鍼灸院・整体院)】院長 西村 清司

はりきゅう(東洋医学)について

2000年以上の歴史を持つ「はりきゅう(東洋医学)」は

5年前の私にとって難しいものでもありました。

そして、自分の中で応用し切れずにいました。

 

しかし、ある方との出会いが

私とはりきゅうとの向き合い方を変えてくださいました。

 

その方のお話しを聞いていくと

はりきゅうって「やりやすい」感覚と「自分にも出来る」

という再認識が得られて嬉しくなったのを覚えています。

 

今も施術方法だけでなく、

体の使い方や体調管理やメンテナンス法なども含めて、

その方から学んでいます。

 

その結果

余計な力を使うことが減ったので

集中力が増し、体の疲れが減り、

体重も7kg落ち、体が軽くなりました。

 

患者さまだけでなく自分の

ベストコンデションを作るのにも

大変役立っています。

 

 

進化し続けているあらゆる施術方法の中で、

今後も私にとって『はりきゅう』は

重要なものとしてあり続けると思います。

【平野区 喜連瓜破の西村鍼灸接骨院(鍼灸院・整体院)】院長 西村 清司