ストレスの正体。4つの分類。

一般的に、「ストレスって何?」と考えると「ストレス=精神的なもの」と思い浮かべると思います。

当院ではストレスを4つに分類して考えています。

1.精神的ストレス

精神的ストレスはあなたが「苦手や~」「嫌やなぁー」と感じるものです。人間関係や仕事での異動などです。

2.構造的ストレス

これは、主に体にかかるストレスです。けがや体の歪みや筋肉の緊張などで起こる体の不調のことです。

3.科学的ストレス

主に栄養素の過剰摂取や不足などです。そしてタバコや大気汚染の匂いや化学物質なども科学的ストレスに入ります。

4.気候のストレス

文字通り、気候の移り変わりで起こる温度や湿度、気圧の変化によるものです。暑いや寒いと感じることもストレスです。

これら1.精神的ストレス 2.構造的ストレス 3.科学的ストレス 4.気候のストレスの4つが体や心にとってストレスとなります。

症状が軽いものでしたら、お体の状態を整えるだけでも大丈夫です。ですけれど、症状が重くてたくさんあり、いつも4つの原因すべてがある状態では、体と心に変調や不調を起こして「自律神経失調症」「うつ状態」になってしまいます。

人の体には自然治癒力があります。それを挙げていくと

運動力 脳や体を動かす力 

免疫力 バイ菌やウィルスから体を守る力 

治癒力 けがや病気を治す力

調整力 体を調整し一定に保つ力

の①~④の力が備わっています。この上記の自然治癒力よりストレスが上回ると体や心は不調をおこします。

そうは言いましても、ストレスはすべてが悪いわけではありません。「適度のストレス」は心や体にとっても必要なものです。

体にかかるストレスのない無重力だと筋力は低下し、重力がかかると立っていられなくなります。生活をする上でマイナスなことがあっても「よし頑張ろう!」と思えることで脳の活性化につながります。

「症状がとれない。」「疲れた。」「しんどい。」ときには施術を受けて心も休養させる。気力も充実し体力が回復すれば活動する。この休息と活動のバランスがとても大切になってきます。

コメントは受け付けていません。