野球肘(ゴルフ肘)

「ボールを投げたりプレイ中に肘が痛い}

「肘をアイシングしても痛みや腫れがおさまらない」

「だんだんと肘が曲げにくくなってきた」

「肘の動きが悪いので肩や手首まで調子が悪い」

「腕の筋肉の張りやシビレがとれない」

スポーツをして楽しみたいのに逆に悩んでいる。

目標を達成できずに悩んでいる。

日常生活や仕事にまで影響している。

でもスポーツがしたい。競技がしたい。

仕事や日常生活を普通にしたい。

楽しみたい。

私は8種類以上のスポーツをした中で

「手術」を1回、「ギプス」を2回経験しました。

私が開院した理由

院長プロフィール

試合どころか練習やトレーニングさえできなくて

歯がゆい思いもしました。

スポーツトレーナーとしても3年間活動させていただきました。

また息子2人は小学生から野球一筋。

中学生時代はボーイズリーグに所属するチームで全国大会に進出。

2人とも野球が好きなこともあり

高校は大阪府外に野球留学をさせました。

ですので悩んでいるあなたのその気持ち、よく理解できます。 

大きく3つに分けられる野球肘。

野球肘は内側型、外側型、後方型の3つに分けられます。

ゴルフ肘は内側に起こることが多いです。

野球肘(ゴルフ肘)はだれにでも起こる!? 

  • アイシング 
  • ストレッチ 
  • 安静・休養 
  • テーピング
  • フォーム改造 
  • 筋力トレーニング 

色々やってみたけど変わらない。なぜ? 

病院で診断されること 

レントゲン・CT・超音波・MRI検査などの結果や症状によっては、 

血液や関節液の検査により肘の関節内をみて診断をされます。  

*「関節軟骨の剥がれ」、腱が骨に負担をかけて起こる「関節ねずみ(骨遊離体)」などで 

強い肘の痛み・腫れ、動きが悪い場合は、専門のスポーツドクターを受診されることも検討してください。

レントゲン検査などで骨の変形がみつかり、全身の状態も悪ければ、 

病院での治療が必要なことがあります。

手術するしないに関わらず、痛み止めの薬や注射、 

運動療法などで様子をみていくことがほとんどです。 

肘の痛みは予測できる!? 

肘を上から見ると形は人それぞれです。 

上図のように👆まっすぐな人や親指側や小指側に  

 や   

のようにに横に少し曲がっている人がいます。角度が強くなった肘を内反肘(小指側)』『外反肘(親指側)』といい 肘から手首や肩の動きにまで作用します。 

野球肘(ゴルフ肘)はこの角度が強くなると症状が強くなる傾向があります。

肘のじん帯は少し曲げていると緊張が緩み痛みも軽減します。 

多くの場合、痛みがあると、普段は無意識に肘を軽く曲げた状態です。

ですが、肘を曲げた上半身は不安定なので、右半身か左半身の力で代償します。 

そうすると、肩がさがったり手首がねじれます。 

肩が下がったり、手首がねじれた状態は「腰痛」や「首痛」や「五十肩」の原因になります。 

肘が使えないと肩から首、頭、腰、骨盤、足への 

血流が悪くなるので「腕や手のしびれ」や酷くなると「脚のしびれ」をおこします。 

痛みやしびれがあると、体が思うように使えなくなり 

気持ちが落ち込んでしまう。 

体も心も「悪い循環」になってしまいます。 

治すために大切なこと

当院では肘の症状がある体の状態は 

1.体のゆがみ → ゆがみとは 

2.自律神経の乱れ → 自律神経について 

3.ストレス → ストレス 

の3つが原因になると考えています。 

野球痛(ゴルフ肘)がある方に多いのは 

 

指、手のひら、手首の動きが悪く 

肘への負担が大きいため、上肢のバランスが 崩れた状態です。 

肩・首・背中(肩甲骨)・腰・骨盤の動きも制限され 

体のバランスが崩れています。 

当院の野球肘の施術は

指~肩の上肢の調整を行います 

同時に背骨~骨盤を整えていきます。

痛みや不調が改善するのは 

上肢をバランス良く使えるように 

なると、上半身はラクに自然に自分の 

体に合わせて動きます。 

体がリラックスすると脳もリラックスし 

全身への血流が盛んになり 

心も体も「良い循環」になります。

 

「肘の動きが良くなって日常生活が楽に過ごせるようになった。」 

「肘痛がなくなりスポーツも仕事もできるようになった」 

「目標を達成できた。」といっていただけるようになるよう施術させていただきます。 

院長のブログ「スポーツでの症状」

コメントは受け付けていません。